飲食店


最近、飲食業界では、ハワイがキーワードとして存在します。
ハワイ飯と聞くと、ピンとくる方はいらっしゃるでしょうか?
海外旅行のトップの国として、日本人には馴染みの国ですが、2010年から多くのハワイ飯が日本人の舌を唸らせています。
その皮切りとして、パンケーキです。
未だに人気のパンケーキですが、もともとはハワイの飲食店が火付け役でした。
そしてもアサイーボウルなど、特に若い女性の人気のハワイ飯が多く市場を賑わせています。
次々とハワイ飯が、日本の飲食業界で猛威を振るっています。
かと言って、和食が廃れるというのではなく、こうしたブームに乗ったことで、食の多様化があると言っても良いでしょう。
持続して人気のパンケーキなど、アレンジを加えられて、様々な日本のハワイ飯として残っていますし、本場パンケーキということで人気の飲食店も多くあります。
それにしてもハワイ飯。
2015年にはいってからは、大手ハンバーガー店がハワイをテーマとしたハンバーガーを販売するなど、今後も飲食業界でのハワイブームは続きそうです。
日本からすぐに行けるアメリカとしては、近く英語ができなくとも滞在ができるハワイです。
実際本場の飲食店に行ければ良いのですが、ハワイフリークにしてみれば、日本の飲食店でのハワイ飯で我慢という方も少なくありません。
この飲食業界でのハワイ飯の登場は、同時にハワイ文化も日本に連れてきています。

これまた、面白い事ですが、当然て言えば当然でしょう。